不妊治療に人工的受精

不妊治療に人工的に受精

不妊治療に欠かせない技術

不妊治療では、薬物や手術による治療法でも効果が認められなかった夫婦に対して、生殖補助技術が適用されます。これは精子と卵子を体外で人工的に受精させて、妊娠に導くという方法になり、治療に不可欠な方法として定着しています。代表的なものでいえば、体外受精・胚移植になります。体外で受精した受精卵が胚まで育ったものを配偶者の子宮に戻して着床させる方法です。ほか、人工授精、配偶子卵管内移植法、接合視卵管内移植法、顕微授精法などがあります。

不妊治療には鍼灸が効果的

子供が欲しくてもなかなか妊娠できずにお悩みの人は少なくありません。不妊治療が長く続けば、先が見えない状態に体力的にも精神的にもつらいことでしょう。鍼灸は直接的に妊娠を促す治療ではありませんが、自律神経やホルモンバランスを整えて疲れを和らげてくれたり、ツボにはたらきかけることで体を温めてくれたり健康に良い影響もあります。鍼灸院もどこでも良いというわけではなく、不妊について勉強していたり理解があるところに相談されることをお勧めします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; レディースクリニック小陰唇手術 All rights reserved